◆『麦兆』はいつでもどなたでも投句できます。このボタンを押してフォームから投句してください ◆
投句はこちらから

種別 作者名 季語 コメント 評価
一般投稿 安藤 夕涼み[秋] ゆぴさして 探す星ぞら 夕涼み 0 0
一般投稿 稲葉 貴泉 冬の朝[冬] 寂しさを 愛しと思ふ 冬の朝 0 0
一般投稿 折茂 賢司 風も雨も[秋] 風も雨も 痛み伴う 大自然 0 3
一般投稿 ノエル 短日[冬] 短日も 繋いだままで もう少し 0 0
一般投稿 もりやま よしこ 巣立つ[春] 家事躾け ひとりで上手 巣立ちの子 0 0
一般投稿 林信甫 花の冷え[春] 病院の 前に伏す乞食 花の冷え 0 0
一般投稿 風こうじ 春淡し[春] 一秒の 愛しき日々や 春淡し 0 0
一般投稿 くわい 月朧[春] 月朧 地獄に華も 咲きやらむ 1 0
一般投稿 山之内 囀り[春] 囀りや 枝赤らめる 丘の木々 0 0
一般投稿 山之内 清 冴えかえる[春] 冴えかえり 遥かな岳の 白さかな 0 0

種別 作者名 季語 コメント 評価
麦兆同人 稲葉貴泉 梅雨[夏] 寂しさを 愛しと思ふ 梅雨の宵 0 0
麦兆218号 三浦 紀元 蓮[夏] 殺りくと 祈りの遺跡 蓮咲けり 0 5
麦兆218号 辻 雅風 卯の花[夏] 卯の花腐し いつおわるとも 介護の日 0 0
麦兆218号 山之内 清 草むしり[夏] 尻もちを つくもひとりや 草むしり 0 0
麦兆218号 堀 昌岳 蛍[夏] たまゆらの 母の面影 蛍消ゆ 0 0
麦兆218号 並木 まどか 夏野[夏] 浮雲の 雨を零せる 夏野かな 0 0
麦兆218号 西原 隆一 簾[夏] 生も死も 枕辺にあり 青簾 0 0
麦兆218号 原田 麦秋 ほうたる[夏] ほうたるや もの忘るゝも 美しき 0 0
麦兆218号 稲葉 道子 青蜥蜴[夏] 行先を 見定め走る 青蜥蜴 0 0
麦兆218号 飯島 サヨ 祭り[夏] 背の児の 背で祭りの 調子とる 0 0
麦兆218号 小野 みゆず 夏[] 紫陽花や 地に届きても 散らぬ花 0 0
麦兆218号 岸 一泉 麦の穂[夏] 麦の穂や 遠くより風 見えてくる 0 0
麦兆218号 押見 路子 目高[夏] ソユーズに 長き宿りの 目高かな 0 0
麦兆218号 長谷川 勢津子 竹落葉[夏] 薄紙を 剥ぐ起き臥しや 竹落葉 0 0
麦兆218号 國井 泉車 余花[夏] 余花散れり 地までの距離 もどかしさ 0 0
麦兆217号 黒根 秀一 桜[春] 灯り消え 桜の花の 闇となる 0 0
麦兆217号 山崎 明男 残雪[春] 残雪に 姿現わす 山の神 0 0
麦兆217号 吉田 洋 すみれ[春] ふるさとは 母のふところ すみれ咲く 0 0
麦兆217号 中山 子泉 春宴[春] 教え子の 還暦となり 春宴 0 0
麦兆217号 堀 昌岳 蘆[春] 朽舟に 打ち寄す波や 蘆の角 0 0